顧問影音-電商必賺秘訣

電商顧問-實體網路店面O2O虛實整合

作家 / 報導

一個網站如果只是形象,若您是經營餐廳、咖啡廳或者SPA修指甲等商家,可能只想要做個漂亮的網站,但是形象官網的重點,不只是要收集會員名單,還有相當多重要的關鍵,例如不要把會員資料都留在社群當中等....,影片教您如何讓你的實體店面完整整合,例如,Google地圖走到你的實體的位置,實體折價券的整合等,概念瞭解,再也不怕社群像無名小站一樣改朝換代之後,照片、資料都不見了,就不能收集所有資料及名單了! 

  1. 收集會員名單,有效蒐集會員資料名單,客戶關係管理更有效率
  2. 社群軟體資移轉官網,在FB、Blog等社群上的商品資訊及客戶資料移轉至官網
  3. 商家特色設計風格,能將實體店面設計延伸至網路版面
  4. 網站提供專屬優惠,網站會員得到優惠可至實體門市使用
  5. 網站整合店面資訊,電子會員卡、電子折價券、商家資訊

簡單來說就是整合線上行銷購買,與線下的經營和消費體驗。O2O藉由打折、提供資訊、服務預訂等方式,把線下商店的消息推送給線上使用者,從而將他們轉換為自己的線下客戶,特別適合應用在必須到店消費的商品與服務。聽完Nico An說~~一定簡單讓你懂!!

 
 

EコマースコンサルタントーO2O嘘と真実の統合 もしあなたがレストランやカフェやスパやネイルのお店を経営していて、綺麗なサイトをつくりたいだけなら、それはまちがっているかもしれません。 会員の資料を集めるだけでなくもっと重要なキーワードがあります。例えば会員資料をSNSの中に置きっぱなしにしないなどこの動画はあなたにどうやったら実店舗を完璧にできるのか教えます。例えばGoogle マップであなたの実店舗のところまで到達できる。クーポン券の発行などもう無名なサイトのような、写真や資料が見つからなかったり、 資料を集めることができないことなどこわがらなくていい!

  1. 会員資料を集める事はクライアントの管理をするのに効果的です。
  2. Facebookブログなどの商品情報や会員情報を公式サイトに移行する。
  3. 実店舗のデザインをネットのサイトにも反映させる。
  4. サイトで会員割引、会員は実店舗で割引ができる。
  5. ウェブサイト統合ストア情報、電子会員カード、電子割引クーポン、ビジネス情報

簡単に言えば、オンライン上の販売とオフライン上の経営、消費体験を統合することです。 割引によるO2O、情報の提供、サービスの予約、使用者に実店舗の情報を届ける したがって、それらを自分のオフラインの顧客のために、還元します。 それは店で消費されなければならない製品やサービスに特に適しています。 ニコの話を聞いた後、あなたは間違いなく理解できるでしょう!

 

一個網站如果只是形象,像做餐廳咖啡廳或者SPA、修指甲的,可能只想要做個漂亮的網站,但是要記住每次都不要把你的產品不斷上傳。

你會做到官網和形象官網的原因,就是你想要收集會員名單,不要把會員資料都留在社群當中。所以你才會從FB、部落格轉到官方網站,這時候裡頭有你的風格和產品。 像瀑布流一樣的方式都可以,*設計你自己不同的樣式Style ;但這時候要常常讓你的客戶說,你看到這樣的網站加入會員就可以列印Coupon券平常,收到生日的禮物或生日賀卡等的Coupon券,就可以到實體店面去使用。

在網站也會有實體店面的內容在裡面,很多觀光客來台灣所以可以把網站整合O2O的實體店面,包含會員卡不用再印製只要開手機就有。實體店面可以用Google地圖走到你的實體的位置,也可以用所有的折價券,所以記住你的實體的店面和你的網站的官網是可以整合的。

最基本的是會員以及實體店面的地址、經緯度,最經典就是實體店面以及會員,讓你整個資料可以整合起來收集會員的名單。所以當你在做官網時切記,網站不是只用來做外觀而已,要收集會員資料也並且整合你的實體店面。

第一是會員卡,第二是實體店面的地址。這兩個整合在一起網站就會有完整功用,也不怕社群像無名小站一樣改朝換代之後,照片、資料都不見了,就不能收集所有資料及名單,所以官網可以整合會員及實體店面的功能了。

詳情請看影片

 

ウェブサイトがレストラン、カフェ、スパ、ネイルのような単なるイメージであるなら、美しいウェブサイトにしたいだけかもしれません。でも途切れずに商品を上げ続けることを忘れてはいけない。公式サイトのイメージ構築になります。あなたは会員資料を集めたいはず、でも、会員資料をずっとSNSの中に置いてはいけない。だからこそFacebookやブログを公式サイトに移行しないといけないこの先にはあなたのスタイルと商品がある。滝の流れのようにどんな方法でもいい。あなた自身の異なった様式をデザインしてください。; しかしこの時、クライアントがウェブサイトを見るとき、クーポン券を発行できるようにするなど工夫が必要です。 誕生日プレゼントや誕生日カードなどのクーポン券など 実店舗で使用することができるというように。公式サイトも実店舗と同じ内容のものを置く多くの観光客が来るので、サイトをO2Oの実店舗に統合できます。 もう会員カードを作る必要なく、スマートフォンを使用すれば問題ないです。 店頭ではグーグルマップを使用して、あなたの位置を知ることができる。 クーポン券も使うことができる。 つまり、あなたの実店舗と公式サイトは統合できることを覚えておいてください。最も基本的なことは会員、実店舗の住所、経度と緯度最も参考になるのは、実店舗と会員 これらはあなたの会員資料をまとめるのに役立ちます。あなたは公式サイトを作成する時よく覚えておく必要がある。サイトは外観だけではなく、会員資料を集めて、実店舗と統合する必要がある第一に会員カード第二に実店舗の住所この2つを統合することであなたのサイトはやっと動き出す。もう二度と無名なサイトのような写真や資料が見つからない、資料や 資料を集めることができないなどこわがらなくていい公式サイトは会員と実店舗を統合する能力を持ちます。

詳細は動画をご覧ください

== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||