商周雜誌

電商顧問-優良網站!好的網站動線流程

作家 / 報導

實體店面跟網路店面都一樣,需要好的動線管理。你的網站動線流程怎樣才對?當你花了大量的廣告,多少人流量到了你的網站,而到了你的網站後客戶有沒有馬上就離開,或是到了首頁就不想往下一層點擊?網路購物大學問,就跟大眾在實體購物window shopping相同,要不停地提供氛圍及好的服務。

  1. 廣告吸睛,網頁版面廣告就如同實體店面的招牌廣告,要夠引人注目
  2. 搜尋功能,網路商店並沒有店員可以詢問,關鍵字搜尋功能的就很重要了
  3. 明顯呈現,將商品或欲傳達的事項,放置首頁明顯處,讓客戶一眼就能看到

讓影片教您什麼是好的動線流程!網站整體動線還有哪些很重要好的網站動線就從今天開始。

 

Eコマースコンサルタント-良いサイトの動線とは 実店舗とサイトは全く同じで、動線を管理することが必要です。 あなたのサイトの動線はどのようにすればいいでしょうか。 大量の広告を出し、多くの人があなたのサイトに来ても、顧客はあなたのサイトをすぐ離れるかもしれない。サイトにアクセスがあっても、ほとんど見てくれないかもしれない。サイトはまるでウィンドウショッピングをしているかのような雰囲気とサービスを提供する必要があります。

  1. 魅力的な広告、サイトの広告は実店舗の広告と同じ、人を引き付ける広告を作成する。
  2. 検索機能、サイトは店員に気軽に聞けるわけではない。訪問者がすぐお目当てのものを探せるようにすることが重要である。
  3. わかりやすい説明、商品や商品情報は顧客が見てすぐわかるように。

この動画はあなたに動線の作り方を教えます! サイトのすべての動線、重要な動線を今日から作っていきましょう。

 

你的網站動線流程怎樣才對?

現在你花了大量的廣告,多少人流到你的網站,但到了你的網站後客戶會不會馬上就離開,或是到了首頁就跑光,還是有這種可能性在。今天Nico來教你們,什麼是好的動線流程,首先,就是首頁的小撇步。

第一個部分,當你在進入到一個網站的時候,最上面應該會有廣告,你把他想像成網站就是你的實體店面,當你到實體店面的時候會不會看到外面有廣告?會的。所以在最上面就要有這些。比如,廣告上都會寫小Tips或Coupon卷等等來引消費者點選。

第二個部份,當你走到店裡,一定會想要找東西,那麼Search功能就顯得非常的重要,要在明顯的地方。

第三個部份,有些客人會喜歡自己逛逛,如果你的網站有很多不同的館別,這些館別千萬別放關於我、我的介紹、我的品牌是從哪邊來的等等,因為消費者不會想知道些,一定是看看你的商品,並且因為被商品、DM而吸引所進來的。

所以在館別的時候,你要放很多很多的商品、類型,一打開就看到很多的選擇,在這中間就有不同的版型。例如美妝館,美妝當然就有不同的產品、內容;在首頁的時候,雖然可以拉得非常長,可是每個版位都是很重要的,所以千萬不要在你的黃金看板寫:「歡迎光臨。」可以直接掛你的商品來賣,但當這些客戶喜歡自己逛來逛去的時候,可能找不到他要的東西,那麼在網頁下方就需要一個資訊中心,包含所有東西介紹、品牌、公司簡介、網站內容、金流服務、售後服務等等,這些都非常的重要。讓下面像百貨公司的Information Center,能夠問到所有的Details。

當然Information Center有沒有服務人員?有的,所以你必須在最下面還要放一個Search,讓客戶不要再Scrollbar到最上面或者是按Top跑上去,讓他多一個步驟點選,所以在最下面的可以放SearchBottom;以及,在最下面放置你的所有社群,基本起跳四個以上,如果放四個以下,就代表你沒有在經營社群;最後再放一個Copy Right,這也是非常重要的,因為是你的版權聲明。

網站整體動線還有哪些很重要?加入會員、會員中心、加入我的追蹤商品等等。其實店面跟網路店面都是一樣的概念,這些動線方式不要太特殊。所以剛剛說的會員中心、加入會員、常見問題,還有加到我的商品最愛,這些是最基本的;你要放在網站上面的Header動態動線就是我們今天首頁的介紹。

希望能夠幫助到你,千萬記住,你要很炫、很棒、很厲害的東西是什麼,就是你的商品,不斷的行銷推廣他們,不要一直介紹我的品牌、我的故事,也不要到哪都是打折卻沒有介紹產品。所以,優惠要搭上產品,這就是今天的首頁版型的動線。

詳情請看影片

 

あなたのサイトの動線はどのようにすればいいでしょうか。 大量の広告を出し、多くの人があなたのサイトに来ても、顧客はあなたのサイトをすぐ離れるかもしれない。今日はニコが良い動線を作るコツを教えます。一つ目は、あなたがサイトを見るとき、最上部に広告があるはずです。 広告を見たとき、その実店舗を想像するはずです。また実店舗の外にも広告はあるはずです。つまり最上部は広告が必要で、例えば、クーポン券のプレゼントなど。 二つ目は、あなたがお店に来た時必ず商品を探すはず。だから、見つけやすくすることはとても重要で、わかりやすくする必要があります。三つ目は、顧客によっては、自身で他人に干渉されずに、商品を見て回ることが好きな方もおられます。そのような場合は、決して、商品の紹介や、このブランドはどこから来て、、、などと紹介する必要はありません。彼らは決して商品や、ダイレクトメールなどに興味を持って来たわけではないからです。つまり、コンテンツが多すぎると選択肢が増えすぎてわかりにくくなってしまいます。 例えば、美容系のサイトは、もちろんたくさんの種類の商品があり、スクロールにも時間がかかってしまいますが、商品の一つ一つが重要なので、 サイトの上部には決して、いらっしゃいませなどの文字ではなく、直接商品を載せることが重要です。でも、自身で見て回るのがすきな顧客用に、サイトの下方部にはブランド紹介、会社紹介、サイトの内容、支払い方法、購入後のサービスなどのコンテンツも必要です。サイトの下方部は百貨店でいうインフォメーションセンターです。顧客のすべての疑問を解決する場所です。 インフォメーションセンターには必ず人がいますよね?つまり、サイト下方部には検索機能も必要です。顧客には上方までスクロールさせたり、上部に戻るようなボタンもいりません。顧客の手を煩わせるだけです。なのでサイト下記にはサーチボタンを置き、またSNSへのリンクも忘れないでください。 基本的な4つは必ずつけましょう。そうでなければSNSに力を入れていないというイメージがついてしまいます。またコピーライトをつけるのも忘れないでください。これがあなたの権利の証明になります。 サイトの動線には他に注意する部分はあるでしょうか? ログイン、会員画面、SNSなど。実は実店舗とサイトは同じように考える必要があります。考えすぎる必要はありません。 つまり、さきほどのログインや会員に関する基本的な項目はサイトの上部に置いてください。 あなたの力になれることを祈ります。あなたは商品のどこがすごいか、 この商品はすごいということを将来の顧客に積極的に伝える続けることが必要です。また、自身の紹介やブランドについてなど語りすぎる必要はありません。それで商品の説明がおろそかになっては本末転倒です。 商品を伝えることをメインとした動線。それが最も良い動線のモデルです。

詳細は動画をご覧ください

== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||